スマホでLINEをする女性

婚活相手とのメールやLINEのやり取りが苦痛。
そんな女性もいるかと思います。

一般的にはメールが苦手な人は男性に多い印象ですが、女性でもこうしたメッセージの往復が面倒という方はいます。

逆に男性からひっきりなしにLINEが来る場合はどうしたらいいのでしょうか。

はっきり伝えるか察してもらうか

LINEやメールをどんどん送ってくるということは、男性の方からしたらあなたに気があるのだと思います。もっとお互いを知りたい、仲良くなりたいと思っているからこその行動でしょう。

あなたはその男性に好感を持っているでしょうか。

その男性をいいなとは思っているけれど、あまりしつこくLINEを送ってほしくない場合は、男性側が察してくれるまで待ってみるのもいいでしょう。

しかし興味のない男性からのメッセージが多い場合は、はっきり言ってあげた方が相手のためにもなります。

興味がないことはあなたの返信からも察する手がかりはあったはずで、幾度か発せられたサインにも気づかずにアプローチを続けることは相手からしても時間の無駄です。

また、いたずらに希望を持たせ言葉を濁す行為は望まない男性と縁を切るタイミングも損ねてしまいます。

苦手なことを直接会った時に伝えてみる

LINEやメールのように文字だけでの意思疎通は、誤解も生みます。
表情や声色で計れない相手の気持ちまで汲むことはできないですし、短文で説明不足になることもあります。

あなたが長々と続くLINEが苦手だと気づけない男性は、これまで普通にやり取りしていたのに突然あなたからLINEが苦手だと言われると、言葉通りに受け取ってくれないかもしれません。

あなたから嫌われた、あるいはもうこれ以上親密になるのは止そうと言われているように邪推してしまう可能性があるからです。

単純に用事もないのにLINEを長時間続けることが苦なのであって、まだ男性と一緒になる余地があるのならば、直接会ってデートのときに伝える方が良いです。

男性としても自分と会ってくれているときに言われると、安心感があります。自分の苦手なことを正直に打ち明けてくれたこと、また直接二人で会えているという事実は、テキストのみのやり取りで生まれる不安と誤解を消してくれます。

要件以外のLINEを嫌うのはおかしなことではない

スマホ画面を見るカップル

好きな人同士ならば何時間でもLINEや電話ができる。そうじゃないのは本当に好きではないと主張する人がいますが、それは違います。

人それぞれ考え方は違うもので、恋愛であっても同様です。これまで私たちは、世間の作り出したステレオタイプに自分の気持ちまで押し込めようとしすぎていました。

もしも男性が理解を示してくれないときは、新たな相手を探すきっかけかもしれません。
決してそれだけで短気を起こしてはいけませんが、二人の仲を考え直す一つの理由にはなり得ます。

必要以上のLINEはちょっと、という考えの男性も多く、メールやLINEに無精とされる男性側からしたら不必要なメッセージの送受信を好まない女性はむしろ歓迎されることもあります。

しかし完璧な相手はいません。
自分の我慢できることとできないこと、相手に求めることのバランスを取りながら、上手に婚活を進めましょう。